ユニバーサルコバヤシのブログ。

Just another WordPress site

*

角館(kakunodate)の町で考えるバリアフリーとノーマライゼーションの違いとは?

      2017/10/13

皆さんは(いきなりですが笑)、『バリアフリー』と『ノーマライゼーション』の『違い』、わかりますか??(^o^) 今日はそんなお話です。

こんばんは(^o^) コバヤシです。最近はゆるゆるとブログ更新に努めるようになりました。肩肘張らずに伝えたい情報を必要としているヒトへお伝えしていければ・・・と、思います。『角館まつりの山行事(いわゆる山車ぶつけ)』も終わり、自分の周囲の人は少なからず『祭りロス』になっている人もいるようで笑 今年ガリッと参加させていただきましたが、うんうん。お祭りロスになる理由も、呑み会になると最初は仲良くしていたおじさん方もなぜかお祭りの話題になると最終的に取っ組み合いの喧嘩になるっていう角館あるあるもわかる気がする(^_^;) あれはね、揉める。

 

【スポンサードリンク】

 

ちなみにもう今年の『山車ぶつけ本番』の模様がyoutubeに投稿されてました。しかも、自分がつかせていただいた山車。

動画は多少長いですが、飛ばし飛ばしご覧ください(^o^)

角館まつりの山行事についてはまた改めてブログ投稿させていただきます。

 

 

さて。

 

今日の本題。『バリアフリーとノーマライゼーションの違い』ですが。

まず、『ノーマライゼーション』とは??

 

ノーマライゼーションという概念が生まれる前、デンマークでは知的障がい児が冷遇されていました。社会とは隔離された施設に収容され、1000人を超える人数で集団生活をしていたのです。
知的障がい児の親は「親の会」を立ち上げ、子どもたちの生活環境の改善や、教育を受けさせることなどを政府に要望します。
そして、この考えを広めたのが、デンマーク社会省で知的障害福祉課の仕事についていたニルス・エリク・バンク-ミケルセン(N.E.Bank-Mikkelsem)です。彼は「親の会」の意見に賛同し、彼らのスローガンを法律として実現するように力を貸しました。こうしてできた法律が、初めてノーマライゼーションといいう言葉を法律に用いた「1959年法」です。
「障害があるからといって、その人が異常(アブノーマル)なのではない。人は障害のゆえに差別されることがあってはならない。身体的もしくは知的に障害があったとしても、一人の人間であり、障害のない人と同等であり、一般市民と同じ条件のもとで生活する権利がある」バンク-ミケルセンはそのように訴え、障害のある人をノーマルにすることではなく、彼らの生活条件をノーマルにすることも訴えました。

※「ノーマライゼーションが生まれた国・デンマーク」野村武夫著(参考)

 

そして。

【スポンサードリンク】

 

そもそも『バリアフリー』ってなに???

 

『ノーマライゼーション』とよく比較される言葉に『バリアフリー』があります。バリアフリーとは、もとは建築用語として使われていた言葉で、障がい者や高齢者が都市空間で安全に生活しやすくするため、障壁となるものを取り除いていくという意味があります。
1972年に国連の臨時機関連絡会議で、障がい者の社会参加を阻害する物理的・社会的な障壁(バリア)を除外(フリー)するための行動が必要という提案を受け、1974年の国際障害者生活環境専門家会議において『バリアフリーデザイン』という報告書が発表されました。
その後、バリアフリーという言葉が世界に広まりました。アメリカでは人種差別や性的差別といった障壁に対しても『バリアフリー』という言葉が使われています。ハードの面だけではなく、人々の気持ちの面における障壁を取り除くという意味でも、『バリアフリー』という言葉は使われているのです。

 

そして。

 

バリアフリーとノーマライゼーションは違う???

 

『バリアフリー』は「障がい者」が感じている『さまざまなバリア』をなくすという意味合いがあります。車いす利用者専用のトイレを設けたり、視覚障碍者のために点字案内板を設置したりする。これらは、障がい者の視点から、利用がしやすいようにと作られたものです。
『バリアフリー』は、『障がい』がある方が困らないようにという、思いやりの心から生まれたと言えるでしょう。けれど『障がい者』という言葉には、どこか隔たり(バリア)のようなものがあるように感じられます。
ノーマライゼーションは、障害があってもなくても同じように暮らせる社会を作るという考え方です。

では、『バリアフリー』は『ノーマライゼーション』の原理に反しているのでしょうか?

実は日本でも近年、バリアフリーの理念が障害者施策という考え方ではなく、全ての人が安全に暮らせる社会を作るという考えに変わりつつあります。
建築面だけではなく、文化や情報、意識の面でも障壁をなくすというように、バリアフリーの意味が拡大されてきています。

 

『ノーマライゼーション』を実現するための手法の1つが、『バリアフリー』といえるのです。

 

なかなか難しい課題だらけのような気もします(^o^)

自分自身がここ仙北市で取り組んでいく内容もこの理念に基づいて地道にPR活動やアピールを勧めていければと思います(^o^)

 

『バリアフリー』が抱える4つの課題とは???

 

次回はそのあたりにも触れていきたいと思います。

 

いつぞやの秋田犬のワラシ。

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサードリンク】

 - お祭り, バリアフリー, バリアフリー観光, ユニバーサルツーリズム, 地域おこし協力隊, 角館 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

地域おこし協力隊として。起業?失敗?ブラック?恥ずかしい?

【スポンサードリンク】 自分で言うのもなんですが。   【スポンサード …

角館(kakunodate)の観光・福祉にも応用。バリデーション療法。14の基本テクニックについて。

【スポンサードリンク】 今日は昨日の続き。『ユニバーサルツーリズムとバリアフリー …

地域おこし協力隊は副業ありきでないと起業なんて不可能!!

【スポンサードリンク】 『地域おこし協力隊』は副業オッケーなんです!! &nbs …

角館de武家屋敷ユニバーサルツーリズム。実地調査。part2

【スポンサードリンク】 おはようございます(^o^) 『JINRIKI』 &nb …

角館(kakunodate)のカツ丼を世界へ!『カツ丼県』として観光PRするべき?!

【スポンサードリンク】 国内旅行者・海外旅行者が『東北』、『TOHOKU』、『み …

地域おこし協力隊のブログで稼げる?!ヨソモノ目線の活動ブログ。

【スポンサードリンク】 稼ぎやすいブログ!と言われ早いもので半年ほど経ちました。 …

行ける町から行きたい町へ!『JINRIKI』をもっとたくさんの人に知ってもらいたい♪

【スポンサードリンク】 突然ですが。   皆さんは、車イス牽引補助具『 …

JINRIKI(ジンリキ)で武家屋敷・抱き返り渓谷を。バリアフリー観光・ユニバーサルツーリズムにむけて(^o^)

【スポンサードリンク】   さて。   雨の中始まりました、 …

角館に住み、地域おこし協力隊としてのここ数ヶ月。自分の振り返り。

【スポンサードリンク】 今日は振り返り。季節は順調に冬に向けての準備を始めた11 …

ユニバーサルツーリズム推進に向けて。バリアフリー観光について学ぶ。

【スポンサードリンク】 バリアーに対してフリーにするより、 そのバリアに対してフ …