ユニバーサルコバヤシのブログ。

Just another WordPress site

*

Suchmos (サチモス)好きにオススメしたいアーティスト。10以上はあるけどね。

      2018/02/20

お洒落すぎてワケワカメですか。サチモス。

今日もこちらは雪。もうウンザリを通り越してます。

 

【スポンサードリンク】

 

子どもの頃からシティポップなミュージックに惹かれていたコバヤシです。

どもども。

いわゆる渋谷系。

フリッパーズギター。フライングキッズ。ピチカートファイブ、とか。

フリッパーズギターはのちの小沢健二とコーネリアス。

 

フリッパーズギター。恋とマシンガン。

 

おしゃん。ホントおしゃん。今聞いても遜色何一つないもんね。

 

スピッツとはまたどこか系統が違うのよね。

本屋が好きか。図書館が好きかくらいな違いのような気もするのだけれどね。

 

スピッツはアルバムの『ハチミツ』がとりあえずベストオブベスト。個人的にね。

青春どストライクってのもあるけどね(だいたい年齢がばれるやつ。)

 

スピッツ。ハチミツ。

 

空も飛べるはず世代。
スターゲイザーがいよいよ怪しい世代。

 

スピッツはこの歌もお気に入り。

 

 

スピッツ。愛のことば。

 

これももちろんアルバム『ハチミツ』に収録されてます。

ロビンソンよりもこっち。

 

て、ことで。

今回は、コバヤシ的にシティポップなミュージック から繋がる邦楽アーティストにフォーカス。注目。これから紹介するバンドは音楽的な共通点はあまりないんだけど、あぁ、好き好きこのミュージック(^o^)と、感じさせるものばかりを選んでみました。

ある種のマニアックさ???笑をベースにしながらもシティポップに響くハイセンスな音楽は、Suchmos 好きにはきっと満足させてくれるはず。あくまで個人的観測。

 

Suchmosなんせお洒落過ぎ。

 

もうコバヤシの友人らにはひとしきり紹介したのが『cero(セロ)』。

 

Suchmos よりも少し先輩にあたる cero。クオリティー、完成度、アイデア、クリエイティビティ、発想、こだわり…全てがズバ抜けた、現在のインディー・シーンの中心的存在。Suchmos がアルバム発売日に開催する自主企画イベント第2弾に招いたバンドこそ cero だった。らしい。コピペやで。

 

cero。街の報せ。

 

cero。Orphans。

 

夜の緩やかな生ぬるい風を感じながらのドライブにぴったりなミュージック。

おしゃん。

 

Yogee New Waves。LIKE SIXTEEN CANDLES。

読み方がいまいちよくわかんね!て、なりそうなこのバンド。

【スポンサードリンク】

 

シティポップ~90年渋谷系、抜群なメロディーセンスと特徴ある声、表現力でアップデートしたサウンドは、最高に心地良く、現在のシーンで絶対に外せない存在。

アルバム自体捨て曲(懐かしい表現)なし。どれもこれも独創的なミュージック。

聴き覚えがあるようでまったく新しい感覚に陥るのでホント新鮮。オススメします。

 

ちなみに BAYON PRODUCTION からのリリースは常に注目。 

 

 

 

Nulbarich。Lipstick。

 

Suchmos と音楽的に近い鳴りを感じさせるのがこのバンド Nulbarich。

最近のお洒落バンドはどう読めばいいのかわからないのが多い笑

ソウル、R&B、ヒップホップ、ジャズ、ファンクの要素を自在に取り込んだ緻密に構築されたサウンドながら、あくまで”鳴り”はポップスとして機能させる絶妙なラインをキープしたバランス感覚が素晴らしい。ホントオススメ。です。はい。

昨年のアラバキにも来てたのになぁ・・・見れず・・・。

 

Neighbors Complain。Makes You Move。

これがここ最近一番のお気に入り。最高。

 

東が Suchmos であれば、西はNeighbors Complain。YouTube にあがっている楽曲を聴けば彼らの卓越した演奏スキルとソングライティングセンスをビシビシと感じられる。はず。Suchmos「Stay Tune」のカバー動画も公開している。

 

ほかにも。コチラ。

 

Neighbors Complain。Night Drivin’。

まだまだ知られてませんがこれから必ずクルと思う。東北にもぜひライブに来て欲しい!!! できれば秋田!!! せめて盛岡!!!

 

最後に。おまけ。

hyukoh。Comes And Goes。

今回の シティポップな『邦楽』 というテーマからははずれてしまうけど、このバンド、ミュージックはここで紹介せずにはいられない。hyukoh(ヒョゴ)は、韓国4ピースバンド。R&B、ファンク、ジャズ、ブラジル音楽、エレクトロニカ…多様な音楽エッセンスを感じさせる洗練されたサウンドをロックバンドのマインドで鳴らす。本国では「hyukoh」が、文化になっている程の盛り上がりだそう。です。ので、紹介。

 

 

お気に入りは見つけらましたかな???

 

 

オススメアーティストを挙げ始めるとキリが無くなってしまうので、今回はこのあたりでおしまい。

今の邦楽インディーシーンには、今回紹介してないけど、素晴らしいアーティストがまだまだたくさんいるし、また続々と登場もしているので、是非自分好みのバンド、アーティストを探してみるのも面白い。YouTube、サブスク、SNS、ライブ、CDショップ… 様々な所にあなたの耳と心に効くミュージックとの出会いがきっとあるはず。

 

 

また、ご紹介するんで! ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサードリンク】

 - サチモス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

サチモスみたいなカフェ。盛岡駅のAERONがインスタ映える新スポット♪

【スポンサードリンク】 映えてますか。インスタ。   今やInstag …

サチモス好きにはたまらない新ジャンル。知ってるよ!て人の反応も楽しみなバンド紹介♪

【スポンサードリンク】   最近のパソコン作業のBGMをいくつか紹介。 …

拝啓。金沢のチャンカレ様。ウチでも美味しいカレーを食してます♪という話。

【スポンサードリンク】 今朝も積雪。雪寄せ。朝の良い運動。そう考えるに至る。まで …