ユニバーサルコバヤシのブログ。

Just another WordPress site

*

Bmaps。Wleelog! 行ける町から行きたい町に!みんなで作るバリアフリーマップアプリ♪

      2018/06/27

【スポンサードリンク】

先日参加してきた、

県南NPOさん主催の県南版障がい者に優しい町づくり協議会。

(勝手に名前つけちゃいました。)

 

アプリを活用したバリアフリーマップ作りなどの提案が前々からされていたようですが。

 

自分も『Bmaps』(バリアフリー情報発信アプリ)の提案を以前から仙北市に提案はしておりました。

 

Bmaps

についてはコチラから。

 

 

 

はじめましての人も多く、『ツナガル』としての初の名刺交換もさせてもらいました。

 

「はじめまして。ツナガルの小林です。」

 

そのヒトが持ってるスキルを必要としているヒトに紹介し、新たなビジネスが成立すれば、そこの自分の取り分も乗せてもらい(紹介手数料のようなもの)自分自身の生業にも繋げるということを今後の活動の1つにもしていこうと思っている。

 

面白いヒトはまだまだたくさんいる。

 

知らない。繋がっていないだけ。

 

もったいない。

 

そんな思いから。

 

人材支援・人材派遣のようなもの。

 

ツナガルです。

 

 

話が逸れました。

 

いつものこと。

 

 

先日の障がい者に優しい町づくり。

障がいの有無にかかわらず、誰もが見やすく使いやすい観光マップがイコール、バリアフリー観光マップにもなっているようなものを目指す。

 

そんな話も飛びだしました。

 

あとは自分の前に『ユニバーサルツーリズムの推進』に着任していたWさんの経緯や現状の自分の置かれていた微妙な立場の話まで(^_^;)

(そこはもういいですよー。)

(とはいえ、去年はホントきつかったからな(^_^;))

 

前を向いた話し合いをしましょう(^o^)

 

今、仙北市に必要としているもの。

今、仙北市民が求めているもの。

 

どんな『バリア』が存在しているのか。

どんな『クリア』方法があるのか。

 

それを解決し、その情報を必要としているヒトに届きやすい環境を作ること。

 

その手段の1つとして『アプリの活用』は非常に有効的だと思います。

 

さきほどサラリと紹介した『Bmaps』もその1つ。

車イス利用者が自分自身が観光地や飲食店に赴き、自分自身でバリアフリー情報を更新していくというもの。

 

入り口の段差、入り口の扉の種類、スロープの有無、傾斜、多目的トイレの有無など、細かく項目分けされていて、写真を掲載させることも出来るので、オススメのグルメ情報アプリとしての機能も果たします(^o^)

 

情報の更新もその場ですぐにできるので、常に新しい情報を利用者はその場に行かずともスマフォやタブレットから手に入れることができます。

 

素晴らしいアプリだと思います。

 

Bmaps

 

このアプリを開発したのが、ユニバーサルマナー検定を開催するミライロさんなんです!!!(^o^) (いいね!!!)

 

自分自身が『地域おこし協力隊』としてなにをしたらいいのかどん底にいた去年。ミライロさんの存在を知ることができたのは自分にとって強く大きなヒカリでした。

 

ミライロ  

 

詳しくはコチラから(^o^)

 

 

Bmapsを開発した思いは、

 

『行ける町から、行きたい町に』

 

という思いから。

 

行ける町というのは、イコール行きたい町ではないということ。

 

行きたい町こそ、本当に楽しめる町。

【スポンサードリンク】

 

 

そのほかにも存在するバリアフリーマップアプリ。

 

Wheelog!

(ウィーログ!)

 

※ウィーログはみんなでつくるバリアフリーマップです。
レストラン・エレベーター・スロープなどのスポット情報は当然ながら、車いすで走行した情報も共有できます。
さらには、知りたい情報をリクエストすることも!
つぶやいた場所を地図上にどんどん追加していき、危険な場所や楽しい場所をみんなに知らせることもできるのです。

 

Today’s Pick #45 東京八王子の磯沼牧場

 

コチラのアプリも障がいをもつ当事者が自分自身でバリアフリー情報や、グルメ情報、観光情報を投稿してその情報を利用者みんなで共有することができるというアプリです(^o^)

 

そのヒトそのヒトが抱える障がいの程度は違います。が、

 

利用者自身が自分で、

『自己選択』、

『自己決定』、

できるというのが大事なのだと思います。

 

もちろん、自分1人ではなかなか外に出られないというヒトもいるかもしれません。が、もし自分と似た障がい、程度の同じ障がいをもつヒトがアプリの情報を更新していたら? 

勇気や希望になるかもしれない。

自分も外に思い切ってでてみよう!

と、

思えるようになるかもしれない。

すぐには難しくとも。

そんなたくさんの希望や未来がこのアプリには秘められているのだと思う。

 

もちろん、健常者も利用は可能だし、情報の更新も可能。

 

誰もが使えるバリアフリーマップアプリです。

 

 

今後、益々広がっていくとされている

『ユニバーサルデザイン』の考え。

『心のバリアフリー』運動。

 

2020東京オリンピックパラリンピックに向けた機運の醸成。

 

市内の宿泊施設・観光施設・パブリックスペースのバリアフリー情報の調査も大事。ハードの整備も大事。

その受け入れ側の従業員や市民の人たちのハートの整備も大事。

 

それをね、

ボク1人にすべてをやってもらおうというのはさすがにムリw

 

もう3人くらいのボクが必要ですね。(それでも少ないかも)w

 

 

市民のみなさんお1人お1人がアプリを使って自分の住む町のバリアフリー情報を発信更新することができるようになれば・・・。

 

なんだか楽しいッて、町になりそうですよね(^o^)

 

ワクワクします。(^o^)

 

さ。

 

まずは、ユニバーサルマナー検定。

 

当日、会場でお待ちしています!!!(^o^)

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサードリンク】

 - バリアフリー, バリアフリー観光, ユニバーサルツーリズム, ユニバーサルデザイン, ユニバーサルマナー, LGBT ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ふと思いついて食べ歩きツアー 桜前線南下~後編②~

【スポンサードリンク】 どもども。ご存じ!!! コバヤシです(*^_^*) ども …

イオンモール大曲で1人地域おこし協力隊フェスタしてきました。と言っても過言じゃないはず。笑

【スポンサードリンク】 山形ヤタイの『秋田版』   秋田ヤタイ。 町に …

角館に住み、地域おこし協力隊としてのここ数ヶ月。自分の振り返り。

【スポンサードリンク】 今日は振り返り。季節は順調に冬に向けての準備を始めた11 …

ユニバーサルツーリズムは『ハード』でなく『ハート』のバリアフリーが最優先!

【スポンサードリンク】 さ!今日から平日!!!今日は自分が今ここ仙北市で取り組ん …

世界ゆるスポーツ協会?!謎のスポーツクリエイター集団、そのスポーツとは?!

【スポンサードリンク】 『世界ゆるスポーツ協会』に出会う!・・・『世界ゆるスポー …

八戸新湊市場からの帰りの朝。とある場面で。

【スポンサードリンク】   おはようございます。(^o^) 今日は先日 …

『バリアバリュー』から学ぶ障害を価値に変えるそのポイントとは。

【スポンサードリンク】   バリアバリューとはなにか? 先日、ミライロ …

ユニバーサル?認知症ケアについて考える。バリデーションの効果について。

【スポンサードリンク】 『ユニバーサルツーリズム』と『バリアフリー観光』について …

地域おこし協力隊としての活動。八戸での基調講演会②

【スポンサードリンク】 おはようございます(^o^) どもども。   …

そもそも地域おこし協力隊は必要!??

【スポンサードリンク】 おはようございます(^o^)どもども。   ご …