ユニバーサルコバヤシのブログ。

秋田を楽しむ旅する遊び場・キャミソウルブラザーズ

*

地域おこし協力隊としての課題。徒然に。

      2017/05/26

おはようございます!!!(^o^)

コバヤシです!

そうです!あのコバヤシです!(^o^)

 

ウザめですね笑 すいません!!!(^_^;)

 

今日は出だしから。

「地域おこし協力隊」の「課題」について書いて(いや。もはや紹介。。。)していこうと思います(^o^)

 

昨日までご紹介していた、

 

【スポンサードリンク】

 

 

「仕事上と休日の地域との関わり方」(多少ニュアンスが違う?)についてのまずは続きからです。

 

もう嫌だ!! 地域にいるのがつらくてつらくて仕方がない!! 友達もできないし仕事もうまくいかない!!

(出だしから凄いですよね。なので区分けしたんです(^_^;))

私も、着任 1 年目に色々なことがありました。本当につらかったです。 そのときは、地域内にとどまらず町外の興味のあるイベントに積極的 に出向いたり、町外の友達のところに遊びに行ったりしていましたよ。 また、地域内でも自分の今までのフィールドとは違う新しいことに挑 戦したりして気分転換していましたよ。3年の任期を終え、地域に幸 せに定住した今思うと、そこを乗り越えられて本当に良かったです!

 

(短いようで長い3年。。。さ。君ならどうする。。ですね。)

 

大学・教育機関との連携が NG と地域の代表者から言われます。

まず、その代表者の母校と連携するように提案してみましょう!

 

提案がなかなか通らず、思うように活動できません…

提案を通したい人に、企画段階から混ざってもらいましょう!

私も、提案がなかなか通らず苦労しました。そんな中でも、 諦めず何個も作って提案し続けた結果、いくつか採用して もらえました。そして、どうしてもやりたい企画が通らな かった場合は、プライベートの時間で実行しました。

 

(これは。。今の自分にもっとも当てはまることなのでは。。。)

 

いろいろと苦労している隊員、たくさんいるんですね。。。

自分事として取組む地域はなかなか少ないのかもしれませんね。

どうやって取り込んで巻き込んでいくのか課題ですね。。。

 

次は「地域の方に主体的に活動してもらうために」です(^o^)

 

地域の人が地域おこし協力隊について知りません。便利屋だと思っているひともいます。

知らなかったからこそ自分で作っていける状態だと前向きに受け止めま した。地域の人には、「知らなくて大丈夫です、何でも言って下さい」と 何でも意見を言ってもらい、そのうえで職員さんと相談し、業務として やっていいことかを話し合っていきました。 せん。便利屋さんと思っている人もいます。

【スポンサードリンク】

 

(これはとても大切な心持ちですね。)

 

確かに便利屋さんと思われていたので、計画表をつくって業務の線引 きをしました。その上で、やりづらい仕事があった場合には「それは、 あの人の方がいいんじゃないですか?」という風にやんわり伝えまし た。計画表の線引きは、配属先の役員さんとに相談しつつ、活動しな がら決めていきました。

地方紙に取り上げられるようなイベントを仕掛けました。僕のいる地域では、 ほとんどの人が地方紙を購読していたので、地方に載れば挨拶代わりになり 地域のみならず県全体に知ってもらうことができます。

 

(やりたいことをカタチにしていく上で大事ですね。)

 

地域の中でも、地域おこし協力隊に関する認識には違いがありましたが、 いちいち気にしませんでした。変に意識するよりも、地域に入っていく こと自体が嬉しく、どんな状況でも楽しんでいました。

 

(ポジティブシンキングは大切。)

 

多くの人から便利屋と思われていましたので、何度も直接伝えました。 会ったときや、自治会などの会議でも何度も言いました。「便利屋では ありません」「(草刈りなど生活サポートの業務は)対象世帯が決められ ています」としっかり伝えました。3 年間でやっとわかってもらえました。

 

(コミュニケーションを図れるけれど線ひきはどこ??、てことですね。。)

 

便利屋と思われてはいませんでしたが、70 ~ 80 代の方々には地域おこし協力 隊のことを理解してもらえませんでした。割り切って 70 ~ 80 代ぐらいの人に は、自分が協力隊という感覚では見てもらわなくてもいいと思っていました。 孫みたいに見てもらった方がいいと思って、おおいに甘えました。

 

個人の存在を知ってもらえても、仕事内容を知らない人は多いので、 自分から任務・業務内容もはっきりと伝えました。

 

たくさんのアドバイスが見れてとても為になりますし励まされます。

なんだかとっても

「あるがとう!!!」です!!!

 

 

では今日はここまで。とします。(感謝感激。)

これを読んで、

なるほど。

地域おこし協力隊の人らは、

こんな悩みを抱えているのか。

とわかってもらえたら嬉しいです。。。

 

 

ではでは(^o^)

今日も皆様にハッピースマイルっ

 

 

「行ってらっしゃいっ」(^o^)

 

 

 

【スポンサードリンク】

 - 地域おこし協力隊

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

あれから。。。。『地域おこし協力隊』としての活動。

おはようございます(^o^)どもども。   今日から6月っ!『夏』!! …

地域おこし協力隊はなんのために必要なのか。目的をわかりやすく明確に共有を。

【スポンサードリンク】 前回のブログで秋吉直樹さんのブログ記事を紹介させてもらっ …

トラベルサポーター・旅行介助サポーターとしてバリアフリー観光を実現させていくために必要なこと。

【スポンサードリンク】 お久しぶりの更新。(^o^) どもどもコバヤシです。『地 …

JINRIKI(ジンリキ)で武家屋敷・抱き返り渓谷を。バリアフリー観光・ユニバーサルツーリズムにむけて(^o^)

  さて。   雨の中始まりました、 いわば 『俺のバリアフ …

地元がヤバい・・・と思ったら読む凡人のために地域再生入門の著者木下斉さんの考える地域おこし協力隊について。

地域おこし協力隊としてまもなく2年が経ちます。 早いモノです。 ここ仙北市に来て …

地域おこし協力隊と活動と行政の関わり方について秋吉直樹さんのお話。

おはようございます(^o^) 今日も引き続き敬愛する秋吉直樹さんの『地域おこし協 …

地域おこし協力隊は本当に『地域』をおこせるのか。

【スポンサードリンク】 高齢者や障がい者、ベビーカー連れの方、訪日外国人、そして …

田沢湖刺巻湿原の水芭蕉まつりでキャンドルナイト。それはそれは幻想的な風景でしたとさ。

【スポンサードリンク】   キャンドルナイト。なんてパワーワード。 な …

地域おこし協力隊こそ副業。秋吉直樹さんの考え方もうなずける。話。

地域おこし協力隊は副業オッケーなんです!!!part2   自分の未来 …

地域おこし協力隊としての活動拠点『TAZAWAKOベース』。ブログで発信。

まだまだ…。 地域おこし協力隊として関わってる、 TAZAWAKOベ …