ユニバーサルコバヤシのブログ。

秋田を楽しむ旅する遊び場・キャミソウルブラザーズ

*

仙北市。まちの「おもしろがり方」をみんなで見つけてみませんか?(^o^)

      2018/09/19

【スポンサードリンク】

告知させていただきます!

 

 

今、自分がメンバーに入れさせていただいている『仙北市明日につながる協議会』にて、今月の30日に講演会・ワークショップを開催することになりました!!

 

今、自分の関わっている活動の中で方法や伝え方は違っても、仙北市をもっと楽しい町にしたい!自分の暮らす町をもっと楽しみたい!という思いから集まったメンバー。

楽しいことじゃなきゃ意味がない!生きてる意味がない!それは言い過ぎ。

楽しいばかりじゃ意味がない。安室ちゃんも言ってます。

 

 

 

定期的にみんな忙しい中、時間を作り、話し合いや打ち合わせは続きます。

 

地域に暮らす独居老人の方、過疎化が進み、買い物困難者、通院困難者になってしまっている地域の人。

そんな人たちの少しでも救いになる活動はないだろうか。

移動販売車を活用する案や、キッチンカーを活用する実証実験など、今度多くの『楽しい目的』をもって、メンバーで活動していきます。(^o^)

 

よろしくどうぞ。

 

『仙北市明日につながる協議会』

自分の会社『ツナガル』にも繋がりますね笑(^o^) 

全ては必然のタイミングでできています。

良いことも悪いことも。

願いしか叶わない。

それも

良いことも悪いことも。

どうしてもネガティブな考えにいきがちな人。

ムリにでも笑って、ポジティブな考えに思考変換させていくと良いと思います。

 

あ、告知。

 

 

「私」から始まる、仙北もまちと暮らし方

自動代替テキストはありません。

 

こちらは協議会メンバーのひとりでもある三春さんがぜひお呼びしたい!という強い想いから実現しました。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル

藤岡聡子さん。

【スポンサードリンク】

恥ずかしながら自分自身、この方は三春さんから言われるまで知りませんでした。どんなことをされてる人なのだろう。どんなことを考え、思い、暮らしているのだろう。そんな想いが湧きました。

 

自分の好きな人が好き!っていう人にシンプルに興味が湧きました。

こんなページがあります。

『灯台もと暮らし』の中から。

 

【子育てと仕事を学ぶ #1】藤岡聡子

「いろんなことを手放すと、生死と向き合う勇気と覚悟がわいてきた」

 

2016年7月現在、「灯台もと暮らし」編集部のひとりである私は24歳で独身、子どももいません。

 

準備はまだ整っていませんが、私にはずいぶん前から、心に決めていることがあります。それは「子どもをたすきがけして働く」ということ。

 

東京で暮らし、既婚の知人友人が増えてきた私にとっては、子育てしながら働きたい女性は、とても多いように感じます。けれど同時に、子どもを理由にやりたいことや仕事を諦めなければならない、悔しい声も聞こえてくるのです。

 

子どもを授かることは、本来喜ばしいことのはずなのに、どうして窮屈な、歯がゆい思いをしなければならないのだろう。子どもをたすきがけしながら働くのは、本当に難しいことなのか?

 

未婚で出産の経験もない私にとっては、とりとめもない夢を追いかけるような話だけれど、風の噂でも、一般論でもなく、子育てをしながら働くお母さんが、いま何を考えているのか知りたい。その先に、いざ自分が母親になったときに進んでいけるヒントが、あるような気がしたのです。

 

家計のためだけではなく、意思を持って仕事をしているお母さんたちに、どうすれば「子どもをたすきがけしながら働けるのか」、生の声をうかがいます。

 

第一回目にお話をうかがう藤岡聡子さんは、私が学生時代に出会った女性のなかでも特に印象深く、今回のテーマを設定してまっさきに話をうかがいたいと思った女性のひとりでした。

 

「“きもったま母ちゃん”みたいな性格だから、きもさんと呼ばれていました」という自己紹介を聞いた日から2年弱が経ち、ますます“きもったま母ちゃん”になったきもさんに、会いに行きました。

 

※灯台もと暮らしから。

 

こんな文面から始まる物語。

『きもさん』。

凄い呼び名ですよね。

 

続きはコチラからどうぞ。(^o^)

 

 

『きもさん』を仙北市にお呼びしてどんな出会いや繋がりや再発見が見つかるのか。

 

今から楽しみですね!!!

 

今月の30日、角館交流センターにて開催です!!!(^o^)

 

皆さまの多くの参加を(30名限定ですが)お待ちしています!!!

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

【スポンサードリンク】

 - 仙北市, 地域, 観光, 角館

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

今朝も桜満開の角館(kakunodate)から!愛する卵かけご飯!!!

【スポンサードリンク】 みなさまーーーーーーーーーーーーーっっっ!!! おはよう …

角館(kakunodate)のとある1週間の一日の始まりについて。ー角館の朝ランー 

おはようございます(^o^)   ご存じ!コバヤシでございます(^o^ …

地域おこし協力隊と活動と行政の関わり方について秋吉直樹さんのお話。

【スポンサードリンク】 おはようございます(^o^) 今日も引き続き敬愛する秋吉 …

秋彩こみちinかくのだて2018。幸せな時間流れるステキなイベントでした(^o^)

  先日の13日、14日と秋晴れに恵まれた2日間、角館町にて、クラフト …

地域おこし協力隊の闇。ブラック企業と呼ばれてしまう自治体の真実とは?

『地域おこし協力隊』が『ブラック企業』と揶揄されることもしばしば。なぜなんでしょ …

角館(kakunodate)グルメで観光も含めておさえておきたいスポットは?!

おはようございます!!!(^o^)どもども。   今日もご存じコバヤシ …

角館駅から徒歩10分で飲んで歌って泊まって5250円!?シェアハウス北浦を見学してきました♪

【スポンサードリンク】 加藤さん。事件です。   こんなチラシが角館の …

角館(kakunodate)の町で考えるバリアフリーとノーマライゼーションの違いとは?

【スポンサードリンク】 皆さんは(いきなりですが笑)、『バリアフリー』と『ノーマ …

角館(kakunodate)のカツ丼を世界へ!『カツ丼県』として観光PRするべき?!

国内旅行者・海外旅行者が『東北』、『TOHOKU』、『みちのく』、『MICHIN …

角館の開花予想も気になることですがっ!! 桜前線南下~のあれ

【スポンサードリンク】 文脈も脈絡もないままに続けてきたこの休日食べ歩きツアーの …