ユニバーサルコバヤシのブログ。

Just another WordPress site

*

明けましておめでとうございます。新年のご挨拶。

   

【スポンサードリンク】

明けましておめでとうございます。

ブログを読んでいただいている方への新年のご挨拶を。

このブログを始めてから1年半ほど経ちました。

仙北市の地域おこし協力隊として角館町に移住を決めたその年の春。

 

のんびりとスタートさせたこちらのブログ。

 

当初は仙北市のグルメやオススメの観光スポットなどを

このブログから発信!させようと(実際に今もそのつもりなんだけど・・・笑)

息巻いて文章づくりという人生において最も苦手とする作業を黙々と続けてきてました。これが苦痛以外のなにものでもなかった(^_^;)

 

正直、今でも慣れません。

めんどくさいよね。

文章構成。

 

苦も無くスイスイとやれちゃう人ももちろんいるんだろうけどね。

ライターさんとかに一文字幾らから~とかでお願いしようかと何度考えたことか笑

 

それでも地道に中学生レベル(もしくはそれ以下)でもコツコツと続けてきたおかげで、

このブログでもお小遣い程度には稼げるようになりました。

ありがたや。

ま、当初の予定の何分の一???ってくらいのスズメの涙程度なんだけどね。

 

さてさて今年はどんなことがあるのか(^o^)♪

【スポンサードリンク】

地域おこし協力隊として最後の年。

今月でマルっと2年。

残す任期でなにができるのか。なにを残せるのか。

これからの自分に楽しみです(^o^)

 

というわけで、今年もどうぞ宜しくお願い致します♪

今年は、昨年秋からスタートさせた『秋田ヤタイ』のイベントリース・販売の拡大と、車イス牽引補助具JINRIKIの引き続き普及・広報活動。そして、ユニバーサルマナー検定の導入もどんどん推し進めていきたいと思います(^o^)

ハードは変えられなくてもハートは変えられます。

ミライロ岸田ひろ実さんのお言葉。まったくその通りだと思います。

 

町でなにを起こし、なにを残すのか、ではなく、町でなにを起こし、どう残るのか。

これが地域おこし協力隊員の最終目的。

任期後の生業と生活をどう続けていくのか。

その未来図が描けないとなると、次の手段を考えていかなければなりませんね。

生きていかなくちゃいけないから(^o^)

 

今年はどんなドラマが待ち望んでいるのか。今から楽しみです(^o^)♪

 

まずは秋田ヤタイの製作依頼がいくつか届いているので、それにも取りかからなければ・・・。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサードリンク】

 - 地域おこし協力隊

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ユニバーサルツーリズムが高齢者や障がい者さんに与えるその効用について。

【スポンサードリンク】 『ユニバーサルツーリズムとバリアフリー観光』が高齢者や障 …

世界と地域を結ぶ日本文化おりがみ(origami)を観光資源としての活用を(^o^)♪

【スポンサードリンク】   先日の豪雪の中。 お久しぶりの折り紙講座。 …

ユニバーサルツーリズムは『ハード』でなく『ハート』のバリアフリーが最優先!

【スポンサードリンク】 さ!今日から平日!!!今日は自分が今ここ仙北市で取り組ん …

ユニバーサルツーリズムとバリアフリー観光。ベルテンポトラベルさんに学ぶ!その2

【スポンサードリンク】 自分が旅をさせるならこんな考え方でお客様を満足させたい! …

TAZAWAKOワンダフルボーイズは今年も。地域おこ新年。

【スポンサードリンク】 明けましておめでとうございます!!!(^o^) 本年もワ …

車イス牽引補助具『JINRIKI』バリアフリーからバリアパスへ(^o^)♪

【スポンサードリンク】   今年から仙北市に導入されました &nbsp …

さ!今日から5月!(^o^) 角館(kaunodate)の桜もまだまだ見頃っ

【スポンサードリンク】 おはようございまーすっ(^o^)どもども。   …

JINRIKIを携え、今日は大曲支援学校せんぼく校さんへ(^o^)♪

【スポンサードリンク】 先日、大曲支援学校せんぼく校さんへ。   今後 …

角館駅から徒歩10分で飲んで歌って泊まって5250円!?シェアハウス北浦を見学してきました♪

【スポンサードリンク】 加藤さん。事件です。   こんなチラシが角館の …

辞めた地域おこし協力隊。なぜ辞めなければならなかったのか。

【スポンサードリンク】 『地域おこし協力隊』という生き方はひとりではどうしたって …