ユニバーサルコバヤシのブログ。

Just another WordPress site

*

地域おこし協力隊は民間と行政の『ハーフ&ハーフ』な立場について。

      2017/06/27

『地域おこし協力隊』という『身分』は自分なりに考えていい意味で行政。そして民間。どっちつかずの『ハーフ&ハーフな身分』かなと(^_^;)。(うんうん)

我々『地域おこし協力隊』はご存じの通り、その受け入れ先地域の『地域おこし』や『地域活性化』が大きく担う活動ミッションなのですが、その先には(最長3年後には)自立し、起業をする。もしくは、地元の企業、観光協会・観光連盟などに就労するといった選択を求められています。

(定住し続けるというのが前提ですからね。)

 

【スポンサードリンク】

 

『行政』に身を置きながら『地域』の中で起業をし、3年後は自立をするという立場。当然、地域住民の方々との関わり方と同じくらい行政との関わり方も大きい。役所の受け入れ先の課にはもちろん自分の机とイスがあり、そこから毎日さまざまな地域に向かう場合もあるし、特に予定のない時は1日デスクでパソコンにかじりついていたりすることも結構あるもんなんです笑。(地域おこしあるあるなの、かな?笑)

(そこからこれからの活動ミッションに必要なヒントやセミナー・イベントの情報をかたっぱしから拾い集めてたりすんです笑)

また、今いる課の人出が足らない時などはお手伝い(本来ならやらなくても良いことだし、もっと言ってしまえばやってはいけない。総務省で原則禁止と明記されています。)を進んでします。自分をせっかく受け入れてくれた課。ある意味これからの運命共同体とも考えているし、いつどこで新しい繋がりが生まれるのかわかりませんからね(^o^)

 

『民間と行政』

 

この2つとの関わり方が大きくこれからの活動ミッションに影響を及ぼしてくる。

いい意味でこの2つの架け橋となり、より良い繋がりをもたせ、地域の盛り上げの為に協力しあえる関係を構築していくことという任務も任されているように感じます。

 

よく耳にするのは、『地域おこし協力隊』が地域の方と一緒になって行政の愚痴をこぼすという田舎という地域ではあるあるなシーン(^_^;)。

わからなくもない・・・というのは本音ですが笑(今はまだね)

民間と行政は大きくその仕組みが違うし、その担っている役割分担も違いますよね。

お互いの仕事の進め方の違いや違和感について愚痴や文句を言うのはあまり意味のあることではないと思う。というか、ない。意味がない。

 

むしろ、半分行政に身を置いている『地域おこし協力隊』は、お互いの事情をある意味良く知る立場として、お互いに協力・共助しあえるカタチを考えその仕組みをうまく整えていければいいと考える。凄く大変なことだし、毎晩悩みは尽きませんが・・・笑(^_^;)

 

ただ。ただね(^_^;)

 

「行政も頑張っているんですから、愚痴を言うのはやめましょうよ」

【スポンサードリンク】

こんなことは言える立場ではない笑 一気に蚊帳の外な立場になる笑

しかし、では自分も一緒になって行政の愚痴や文句を言うのもおかしい。

この辺のなんというかバランスが『地域おこし協力隊』の受け入れ先の行政と民間とのコミュニケーションスキルの腕の磨きどことなのではないでしょうか(^o^)

(自分にはまだまだ・・・出来ていないことなので偉そうにも言えませんがねぇ(^_^;) 溶け込みたいし、常に疑問を持ち続けれるようにもいたいし・・・)

地域の事業者(観光施設や宿泊施設など)の本音や意見・悩みなどを聞けるようになれば、それを『行政』としての立場をうまく利用し、地域貢献に繋がる取り組みを行政側として活動していくことも可能ではないかと思います。行政側にしっかりと事業者からいただいた『意見をしっかりと伝える』というのも大切な役割。

『民間と行政のハーフ&ハーフ』という立場を『地域おこし協力隊』はうまく利用し、自分の担う活動ミッションに活かしていくべきだと思います。うんうん(^o^)

いずれはその地域での新たな事業を企業を見据えるのなら尚更ですよね(^o^)

 

自分にも言える課題であるし、これから『地域おこし協力隊』をやりたい!という人にはよくよく」考えながら自治体の募集内容をしっかりと把握・確認(よくわからないところは事前に電話をして募集内容をしっかりと聞き、うやむやにしない)した上で応募をすることを強くオススメします(^o^)

 

これから先の自分の人生にどれくらいの影響を及ぼすのか。

それはこれから先何年かの『地域おこし協力隊』としての活動によるのはもちろんだし、『自分次第』ということを強く伝えておきたい。

それは自分自身に一番強く伝えておきたい笑

 

『自分次第』な活動が『地域の為になれば』と思う。

『地域おこしは自分事』といつも自分に言い聞かせている。

 

 

さて(^o^)

 

そろそろ『地域おこし協力隊』について毎日毎日書くのもなぁとも思いながらも、まだまだ伝えておきたいこともある(^_^;)

 

明日のブログがどうなるのか。それもやっぱり『自分次第』・・・笑w

 

毎日悩みは尽きません笑

 

【スポンサードリンク】

 - 仙北市, 地域, 地域おこし協力隊

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

地域おこし協力隊の起業の失敗と成功。副業なしではムリ。

【スポンサードリンク】 こんな記事を見つけましたのでご紹介。自分も現在、『地域お …

地域おこし協力隊の闇。ブラック企業と呼ばれてしまう自治体の真実とは?

【スポンサードリンク】 『地域おこし協力隊』が『ブラック企業』と揶揄されることも …

東北ホッピング。田沢湖駅前TAZAWAKOBASEに地域の熱い血潮が全員集合!!

しばらく放置していたブログ。 なかなか時間とらずにパソコン画面から離れておりまし …

『地域おこし協力隊』募集。その要領は?気になるその中身。

【スポンサードリンク】 『地域おこし協力隊』が香取慎吾くんや山崎(呼び捨てw)出 …

地域おこし協力隊の活動について秋吉直樹さんのお話。

今日は以前もご紹介した『秋吉直樹』さんの記事から気のなる投稿をご紹介(^o^)  …

ユニバーサルツーリズムとバリアフリー観光の関係とは?地域おこし協力隊の独り言。その2

『ユニバーサルツーリズム』と『バリアフリー観光』の関係性とは一体どういうことなの …

イオンモール大曲で1人地域おこし協力隊フェスタしてきました。と言っても過言じゃないはず。笑

山形ヤタイの『秋田版』   秋田ヤタイ。 町に新たな賑わいを。 町の賑 …

角館武家屋敷。ある朝の出来事。優しさにあふれた素晴らしいあたりまえ。

  10月に入って間もない、ある晴れた朝の出来事。 ふと、思いたった朝 …

ユニバーサルツーリズムて?? なーーに??

おはようございます(^o^)どもども。 今日は皆様に自分がいる仙北市で今、何をし …

地元がヤバい・・・と思ったら読む凡人のために地域再生入門の著者木下斉さんの考える地域おこし協力隊について。

【スポンサードリンク】 地域おこし協力隊としてまもなく2年が経ちます。 早いモノ …