ユニバーサルコバヤシのブログ。

Just another WordPress site

*

地域おこし協力隊の任期3年後の『その後』は?定住?移住?どうなる?

      2017/06/28

 

地域おこし協力隊の『その後』について・・・(^o^)

それぞれの自治体によっつて受け入れ方や地域おこし協力隊の隊員の活動状況は違いますが、『最長で3年の活動期間』と『その後(以降)も定住』というのはどこも共通認識かと思います(^o^)

(起業したり就労・就農したりとそれもさまざまですが)

 

【スポンサードリンク】

 

3年後(卒業)の活動はいろいろと調べてみると今までの活動ミッションを継続させるカタチで定住しながら続けていたり、他にも色々と知り合い伝いで聞いてみると、地元の人と結婚して定住を決めた方、地元企業に就職を決めた、別の地域の『地域おこし協力隊』として活動を希望、役場の職員として就職、中にはもともとの特技を生かしてその地域の整体師として活動している方やラーメン屋をオープンさせた方もいらっしゃるようです。(ホントにさまざまですね(^_^;))

 

ちなみに。

 

平成27年3月31日で任期終了した隊員のその後について

地域おこし協力隊の「その後」についての平成27年度データが発表されたよ! (2)

 

平成27年3月31日までに任期を終了した隊員の累計は945人。

地域おこし協力隊の「その後」についての平成27年度データが発表されたよ! (3)

女性隊員の隊員はこの内『3分の1』。約8割が20代・30代・・・。

逆に卒業した隊員の『50歳以上の48名』というのと、『60歳以上の23名』というところ凄くが気になりませんか???・・・(^_^;)

(50代・60代でも現役で『地域おこし協力隊』をやれるんですね!)

どんな活動ミッションなのかきになりますね笑(^_^;)

 

地域おこし協力隊の「その後」についての平成27年度データが発表されたよ! (4)

 

任期終了した『男女別』を見ると女性の20代・30代が合わせて85パーセントと高く、そして女性にも50代・60代の『地域おこし協力隊』がいたというのがここでもわかる(^_^;)

(50代が『7人』、60代(以上!)が1人)

どんな活動していたんだろう・・・(凄く気になる・・)(次回・・か)

 

 

任期終了後も約6割が同じ地域の定住。(^o^)

地域おこし協力隊の「その後」についての平成27年度データが発表されたよ! (5)

平成27年3月31日で卒業された『地域おこし協力隊』の隊員945人のうち、557人(約6割)もの人がそのまま同じ地域に定住されてるようです。

『他の条件不利地域に定住』が93人となかなかの人数だと思うんですが・・・(^_^;)(どんな不利な地域なのだろう)

 

ただ、そのまま定住が約6割というのはなんとなくですが良い結果のように思える(^o^)

【スポンサードリンク】

 

女性の隊員卒業生の方が定住傾向が高い。

地域おこし協力隊の「その後」についての平成27年度データが発表されたよ! (6)

定住者の男女比の数だけで見ると男性362人・女性195人と男性の人数のが多いですが、比率でいうと全体として20代・30代など、どの世代においても女性の方が定住傾向が高い。

 

 

同じ地域に定住した隊員のうち約2割が起業。

地域おこし協力隊の「その後」についての平成27年度データが発表されたよ! (7)

この数字が高いものなのか。低いものなのかは自分の判断では出来ないですけど、前回の調査の時よりも9パーセントから17パーセントと約2倍に増加しているというのはやはり凄いことなんだろうね(^_^;)

この2割の卒業後、起業した『地域おこし協力隊』の方のお話を聞いてみたい・・・(^_^;)

(もともと起業ベースでその受け入れ先の地域に着任したのかどうかとか、いつから起業を考え、始めていったのか・・・)

 

 

任期終了後の『地域おこし協力隊』の隊員のそれぞれの動向

 

地域おこし協力隊の「その後」についての平成27年度データが発表されたよ! (8)

 

『起業』、『就業』『就農』『その他』というのも面白い(^o^)

それぞれのどういう状況の環境下でそういった選択に至ったのか色々と聞いてみて回りたいところですね(^o^)

(タウンマネージャーというのは聞いたことがない・・・(^_^;))

この中でも話を聞いてみたいのは、『株式会社設立』、『一般社団法人設立』、『NPO法人』、『農業法人』を設立された方々。どういったコンセプトのもとでそして何をして対価を得ているのだろう?

そして、『経営コンサルタント』、『タウンマネージャー』、『家業手伝い』というのも気になりますねー(^o^)

(新聞社てのもありますね)

 

 

 

2年前の調査の時に『定住』と回答とした人の9割が継続して定住

地域おこし協力隊の「その後」についての平成27年度データが発表されたよ! (9)

 

2年前の調査時に同じ地域に「定住している」と回答した人の98パーセントは現在も引き続きその地域に定住している!!!

ほとんど他の地域に出ていっていないというのは凄いっっ!!!

『地域おこし協力隊』という制度も何年も経ち、いろいろなデータが増えてきています。「成功している地域」や「失敗している地域」もある中で、認識や周知が集まってきているのでしょうね(^o^)。それらをこれからの『地域おこし協力隊』を目指す若者に(50代・60代もいるかもですが)有効に活用してより良い制度にしていけたらいいなと思います!

 

多くの『地域おこし協力隊』と、なによりその受け入れ先の地域がこれからもどんどんと幸せに暮らしていけるように(^o^)それが1番。

【スポンサードリンク】

 - 地域おこし協力隊

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

地域おこし協力隊に関して書いてみた。part2

【スポンサードリンク】 おはようございまっす!!!!   もういよいよ …

韓国からの観光客!!コスタビクトリアっ!!(すげーっ!!)

【スポンサードリンク】 おはようございます(^o^)ども。 コバヤシでございます …

桧木内松葉地区の母ちゃんたちと折り紙体験講座を開催♪

【スポンサードリンク】 今日は桧木内郵便局の母ちゃん達と折り紙教室を楽しませてい …

地域おこし協力隊の協力隊?いや救世主『秋吉直樹』さん

【スポンサードリンク】 『地域おこし協力隊』という制度についてまだまだ自分自身、 …

車イス牽引補助具『JINRIKI』バリアフリーからバリアパスへ(^o^)♪

【スポンサードリンク】   今年から仙北市に導入されました &nbsp …

地域おこし協力隊の起業の失敗と成功。副業なしではムリ。

【スポンサードリンク】 こんな記事を見つけましたのでご紹介。自分も現在、『地域お …

全国初!仙北ツーリズムは農家民宿をベースとした着地型観光となるのか?

【スポンサードリンク】 国家戦略特別区域・旅行業務取扱管理者研修に(長い!!)行 …

花火の街。大曲の花火通り商店街視察同行。

【スポンサードリンク】   昨日は、大仙市大曲はなび商店街通り視察同行 …

JINRIKI(ジンリキ)で武家屋敷・抱き返り渓谷を。バリアフリー観光・ユニバーサルツーリズムにむけて(^o^)

【スポンサードリンク】   さて。   雨の中始まりました、 …

バリアフリー観光情報アプリ『wheelog!』を使った街歩きイベントに参加してきました(^_^)

【スポンサードリンク】 車イスユーザーのためのバリアフリー観光情報アプリ『whe …