ユニバーサルコバヤシのブログ。

Just another WordPress site

*

バリアフリー観光は『サービス』の一種。角館・田沢湖で儲けるためのサービスとは?!

      2017/07/14

バリアフリー観光・バリアフリーマーケティングは今から手を出しても決して遅すぎる事はない?!?!

『ユニバーサルツーリズム』と言えば、何か血の通っていない無機質な印象を自分は常々感じていて・・・(^_^;) (なんとなくです。感覚。)

どうも『しっくり』くるものがなかったのですが、

バリアフリー観光・バリアフリーマーケティング。

 

どうです?なんか『しっくり』きませんか?笑

【スポンサードリンク】

 

『バリアフリー』、『ユニバーサルツーリズム』というコトバ自体がどこか上から目線といいますか、健常者目線の物言いといいますか、『やってあげます』感を感じていたんですが、この『バリアフリー観光』、『バリアフリーマーケティング』。いいじゃないですか(^o^) なんだか対等な物言い。対価をしっかりいただきますという潔さ。そうなんですよ。『バリアフリー』というコト・モノ自体に日本テレビの24時間テレビのような薄らべたい『偽善感』を感じてしまっていたんですね(^_^;)

考えすぎなのかもしれませんが。

 

『バリアフリー』は一種の『サービス』です。

 

誰もが対等に、対価を支払えば得られる『サービス』なんです。

 

高齢者だから・・・ 障がい者だから・・・

を『理由』にせっかくの『儲け』を生み出す『お客様』をみすみす見逃していませんか???

外国人観光客にばかり気をとられて日本国内にまだまだ広がる『ブルーオーシャン』を見過ごしていませんか???(^_^;)

ちなみに。

※『ブルーオーシャン』とはまだ知られていない市場であり、誰もがブルーオーシャンの住み方を知りません。

レッドオーシャンでは目の前にある市場需要を競争によって勝ち取りますが、ブルーオーシャンでは市場需要から市場そのもの(ブルーオーシャン)を自ら創り出します。

競争とは無縁に、既存の製品やサービスを「進化」させながら新規市場を創造するアプローチが、ブルーオーシャン戦略です。

競争を中心としないブルーオーシャンでは、成長の機会は無限にあり、収益性もレッドオーシャンよりより多く期待できます。

ブルーオーシャンでは「価値創造」が全てなのです。

 

じゃあ、どうすればそのブルーオーシャンで『儲け』を出していけるのか? 結果から言えばこれをやれば間違いない!!は、あり得ません。

『バリアフリー化』にしても、多分『ハード面』の改修工事をしなければ・・・と思う事業者さんも多いはず。決してそんな事はありません。それは『逃げ』です。『ハード面を改修していないから・・・』といういいわけで逃げてるだけです。

【スポンサードリンク】

なぜか。

 

知らないから。

 

それだけだと思います。知ってるよという事業関係者さん。」本当に知っていますか??? 例えば、実際に車椅子に乗られてご自身の職場を利用されたりしてみましたか?? 使い勝手の『良さ』、『悪さ』を本当に把握されましたか???多目的トイレを新設しました。それだけで終わってることはないですよね? 以前、自分が調査に行ったあるホテルでは多目的トイレの入り口入って真ん前にスリッパが置かれていました。(^_^;)

あり得ません。

少し考えられればわかることです。

『つけた』、『設置した』だけではダメです。そこにいる、そこで働く従業員全員がそこで『稼がせて』もらっている以上、誰に対しても『平等』な『サービス』を提供しなければならないのです。なぜなら『お金』をいただく以上『お客様』です。そこに『障がい』も『年齢』も関係ありません。

 

『知らない』を理由に、『ハード面』を理由に、『サービス』をしない出来ないというのはおかしいです。

 

そのために、今自分は『知る』為に『介護職員初任者研修』の講習を受けてます。介護職員の目線も学びたいと考えたからです。『儲け』を生み出すために必要なお金の極力かからない『サービス』は何か???を考える為。

せっかくの旅先での宿泊先がガリガリとハード整備されて病院や施設となんら変わらないてのも嫌な感じしますからね(^_^;)

 

まずは『お客様』を知るということ。
どうすれば喜んでもらえるのか。
どうすれば『儲け』に繋がるのか。
『お客様』の立場になって『バリアフリー』を考えてみよう。
そうすれば必ず『儲け』のヒントが見えてきます。

これを使った観光コンテンツを思案中です(^o^)

 

【スポンサードリンク】

 - バリアフリー, バリアフリー観光, ユニバーサルツーリズム, ユニバーサルデザイン, 仙北市, 地域おこし協力隊, 観光

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

地域おこし協力隊の救世主!秋吉直樹さんのブログをご紹介!

『地域おこし協力隊』として敬愛する秋吉直樹さんのブログを紹介したい。今日はそんな …

仙北市の地域おこし協力隊として描いた2つの夢が叶いました。

  ご無沙汰しております。 ブログからちょいと離れてました。 どもども …

地域おこし協力隊の地域での役割とはなにか。ヨソモノだからこそできる関わり合い方とは。

【スポンサードリンク】 先日、地域に暮らすお年寄りのまとめ役の方(70代くらい? …

地域おこし協力隊。。。。て???part1

おはようございます!!!!! コバヤシです。もうご存じですね笑(そうでもない) …

角館高校生徒会のみんなと本気でバカやったSNOW WARS。またやりたいね笑

大人も子どもも楽しんだ雪合戦と雪像づくり!!!   まずはポチッとして …

角館(kakunodate)かつ丼御三家?角館どんぶり?ネーミング・ブランド化のその理由。

『角館かつ丼御三家』、『角館どんぶり』と、最近いろいろとキャッチ感の良いネーミン …

乳頭温泉郷とブナの森と時々クマ。トレッキングガイドの講習会♪

【スポンサードリンク】 ブナの森の観光トレッキングガイド。   今後自 …

紙風船の上桧木内の母ちゃんオードブル♪。完ぺき過ぎるそのメニュー。

【スポンサードリンク】 上桧木内と言えば。 冬の小正月行事。紙風船。ですが。 & …

ユニバーサルツーリズムは『ハード』でなく『ハート』のバリアフリーが最優先!

さ!今日から平日!!!今日は自分が今ここ仙北市で取り組んでいる活動について現状の …

地域おこし協力隊の闇。ブラック企業と呼ばれてしまう自治体の真実とは?

『地域おこし協力隊』が『ブラック企業』と揶揄されることもしばしば。なぜなんでしょ …