ユニバーサルコバヤシのブログ。

Just another WordPress site

*

地域おこし協力隊と活動と行政の関わり方について秋吉直樹さんのお話。

      2017/07/22

おはようございます(^o^)

今日も引き続き敬愛する秋吉直樹さんの『地域おこし協力隊』と『行政』の関わり方について書かれた記事のご紹介(^o^) な、お話です♪

 

『出来ない』の理由は明確に。

 

「NO」の伝えかた

 

 

【スポンサードリンク】

 

コミュニケーションが綻ぶきっかけは些細なコトバや感情の行き違いである。

相手に何かを伝える際、言い方やニュアンス1つで相手の受ける印象は異なり、それがきっかけで大きな亀裂に繋がることもある。

『地域おこし協力隊』と行政担当者とのコミュニケーションのうち、最も行き違いが起こりやすいシーンの1つは、行政担当者から『地域おこし協力隊』に対して、「できない」と伝える時である。

『地域おこし協力隊』は20代、30代がその中心を占める。

新しい事に興味を持ちやすく、アイディアも豊富だ。

しかし、

『地域おこし協力隊』の活動費は国民の皆さんからの税金によって成り立つ公金。

まして、行政という立場上、偏った利益への貢献はできない。

つまり『地域おこし協力隊』のアイディアがどれだけ素晴らしくとも、ルール上、公金を支出できないこともある。

この時、『地域おこし協力隊』のアイディアに対して、どのように「NO」の意思を伝えるかが非常に重要である。

もちろん、『地域おこし協力隊』本人も自身が行政職員の一員(臨時職員)であること、扱う予算は公金であることをキチンと自覚する必要があるのだが、最初からそれが身に染み付いているわけではない。

その方法は、行政担当者と共に業務を進めていく中で、徐々に身につけていくものだ。

仮に『地域おこし協力隊』のアイディアが行政の方法から外れているものであった場合、しっかりと『NO』の意思を伝えなければならない。

 

地域おこし協力隊に「NO」の意思を伝える時のポイントは2つ。

 

「丁寧に説明すること」と「抜け道を一緒に考えること」だ。
誠実に・丁寧に・相手が納得するまで説明すること。

 

『NO』の意思を伝える際、最悪なケースは頭ごなしに「それはできない」と伝えてしまう場合。

これでは『地域おこし協力隊』との間に信頼関係を築くことができない。

頭ごなしの否定で無いにしても、十分な説明が無いままうやむやに却下してしまうことも同様だ。

となると、

『地域おこし協力隊』は、

「何でも否定される」

「面倒くさがっているだけでは?」

「やりたいことができない」

と、このように思われてしまうことも少なくない。

『地域おこし協力隊』に『NO』の意思を伝える時は、「何故NOなのか?」ということを誠実・丁寧に説明する必要がある。

時間かかったとしても『地域おこし協力隊』がしっかりと納得するまで説明する。

 

『NO』の原因は公金の性質なのか、予算のスケジュールの問題なのか、予算の金額の問題なのか。

 

原因を明確にし、行政マンの初心者である『地域おこし協力隊』でもちゃんと理解できるように懇切丁寧に説明する。

行政担当者の一方的な納得ではなく、地域おこし協力隊本人が納得するまでだ。

こうした丁寧な説明を繰り返すうちに『地域おこし協力隊』も行政の方法を徐々に理解していく。

『地域おこし協力隊』に「どうせ提案しても無駄だ」と思わせてしまい、彼らの豊富なアイディアを無下にしないためにも、しっかりとした説明をする必要がある。

作文力で抜け道を考える

確かに『地域おこし協力隊』のアイディアを形にしようとすると、様々な理由から『NO』と言わざるを得ないことがある。

【スポンサードリンク】

しかし、それが完全にNOのケースは実は少ない。

 

一見、『NO』に見えるアイディアでも、少しカスタマイズしてあげれば実現可能、YESになる可能性は充分にある

 

行政の壁の前に『NO』を突きつけられたアイディアでも、少し視野を拡げて抜け道を見つけることができれば壁をすり抜けることができる。

視野を拡げ、抜け道を見つけることが得意なのがあなた方、

行政担当者だ。

行政のプロフェッショナルとも言えるあなた方の力に係れば、『地域おこし協力隊』の前に立ちはだかる壁を無いものにできる。

その力とは、

作文力である。

 

一見、実現不可能なことに見えるアイディアでも、それを上手く調整・整理し、論理立てて作文することで実現可能なアイディアにまで押し上げることができるのだ。

その作文力が如実に発揮されるのは、『予算執行』の際である。

例えば、ある『地域おこし協力隊』が地域の特産品であるそばを栽培して販売し、なりわいを作っていきたいと考えていたとする。

この時、先ず必要なのは『そばの種』。

しかし、その種はすんなり購入することができなかった。

何故なら、当初、『地域おこし協力隊』が持ってきた企画書は、そばの製造販売を通じて、『地域おこし協力隊』自らの報酬を生み出すというものだったからだ。

任期中に地域おこし協力隊が自身のなりわいづくりのために知恵を出すのは当然のこと。

しかし、公金という性質上、これを使って自身のみの利益に繋がることはできないと、『NO』をもらったのである。

この自治体の行政担当者の作文力の見せ場はこの後である。

『地域おこし協力隊』も行政担当者もここでそばに係る事業を諦めることをせずに、何とか実現するための抜け道を一緒になって探し始めた。

そして、導き出されたのが、そばの栽培・開発と販売を段階的に行うというアイディアだ。

任期中は栽培・開発に専念し、収穫したそばは地域の方に試食と称し配布したり、地域の小学校のそば打ち体験などに活用する。

任期が終了した際は、これまでの経験を活かしたそばの商品化を進め、販売するというものだ。

地域おこし協力隊としての活動はあくまで地域の特産品の開発である。

自身のなりわいづくりではない。

実際には自身のなりわいづくりに限りなく近いことを実行することができるのだが、そのように整理することはしない。

行政のルールにしたがって、地域おこし協力隊のやりたいこと・地域に必要なことを整理・調整する。

そして、それを論理立てて作文することで、実行可能なものに変貌させたのだ。

今の例、実は香川県内で実際に似たような事があった。

このケース以外にも、こうした作文力が発揮されているケースは非常に多い。

ビールサーバーを購入したり、活動時間中に自身の栽培した野菜を販売して報酬を得たりと、一見すると地域おこし協力隊の活動としては不可能そうな取り組みだ。

しかし、

その全てでしっかりと理論が組み立てられ、正当な理由の裏付けがなされてたうえで行われているものだ。

そして、その裏には『地域おこし協力隊』と共に頭を悩ませ、抜け道を探し当てた優秀な行政担当者がいる。

一見『NO』と見える『地域おこし協力隊』のアイディアでも、本当に地域にとって必要なことであれば、必ず抜け道は存在する。

行政のプロフェッショナルであられる行政担当者には、しっかりと地域おこし協力隊に寄り添い、そうした抜け道探しに頭を悩ませていただきたい。

 

凄くいい記事です(^o^)

自分の担当職員も抜け道を今少しづつ模索してくれているように感じ、とても心強い(^o^) これからも出来うる限り、二人三脚で地域のために活動を取組んでいきたいと思う。

 

 

【スポンサードリンク】

 - バリアフリー, 地域, 地域おこし協力隊

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

世界ゆるスポーツ協会×東北楽天ゴールデンイーグルスで作る東北初のゆるスポーツ!

【スポンサードリンク】   こんにちは!!どもども。ユニバーサルコバヤ …

ITONAMI農園。刺巻の楽園。今日は農家1年生のサモンちへ。

【スポンサードリンク】 今朝も雨降り。   数日前までは『梅雨の中休み …

いつぞやの仙台。まったり珈琲。SENDAICOFFEESTAND。

【スポンサードリンク】 いつぞやの仙台。 ちょっと前から行きたい!と思っていたS …

地域おこし協力隊としての課題。徒然に。

【スポンサードリンク】 おはようございます!!!(^o^) コバヤシです! そう …

どんぶり愛がとまらない。角館(kakunodate)どんぶり街道冊子?!ー日の出食堂ー

【スポンサードリンク】 おはようございまーーーす(^o^)   さ。今 …

ユニバーサルツーリズムて?? なーーに??

【スポンサードリンク】 おはようございます(^o^)どもども。 今日は皆様に自分 …

地域おこし協力隊としての活動拠点『TAZAWAKOベース』。ブログで発信。

【スポンサードリンク】 まだまだ…。 地域おこし協力隊として関わって …

角館の花見もまもなく!!初めての車いす!!!

【スポンサードリンク】 コバヤシです! 今年二月から秋田県仙北市に移住してきまし …

吉永小百合さんも訪れた蔵の町『増田』の観光への取り組み。

【スポンサードリンク】 蔵の町。横手市増田町に行ってきましたというどちらかと言え …

NinjaStar(手裏剣)の新作が登場。その名も『ニンジャスターエクストリーム』。

【スポンサードリンク】   日本の文化の1つ。折り紙。   …