ユニバーサルコバヤシのブログ。

秋田を楽しむ旅する遊び場・キャミソウルブラザーズ

*

弘前観光(hirosaki)とキャンプで一休み。岩木山の麓でユニバーサル忘れ。

      2017/10/13

たまにはキャンプをした話しを・・・(^o^) ユニバーサルユニバーサル、バリアフリー観光バリアフリー観光うるさいですからね笑 自分。今日はそんなお話です。

おはようございます。(^o^) どもども。

毎日『ユニバーサルツーリズムとバリアフリー観光。』について自分なりにどう推し進めていこうか昼夜問わず頭んなかをグルグルしてるもんですから(^_^;) なにかと休まらない・・・。なにせ『ユニバーサルツーリズムとバリアフリー観光』の目指すべきゴールが指し示されていないので。これって「ご自由のどうぞ♪」という感じもするのは自分だけ?? いかん。愚痴になる。自分を受け入れてくれてる職場のみなさんの温かさがまだ救い(^_^;) ありがたやです。精一杯考えられる限り行動に移して実現させていこうと思います(^o^)

 

【スポンサードリンク】

 

て。ことで。

キャンプ(^o^)

 

青森県は弘前市。岩木山麓にある『青少年スポーツセンター』。近くには獄温泉や百沢温泉など立ち寄り湯や湯治をする場としても有名な温泉が点在しています。

ここはホントに気持ちいい!!! ほぼ『オートキャンプ場』と言っても過言ではないくらいの自由加減です。

しかも時期は8月。夏休み。場所はスポーツセンター。合宿所。となると。

 

やはりいました(^o^) スポーツ合宿。

この日は青森のラグビー部に、秋田は大館からと秋田市からのラグビー部が合同合宿をしていたようです。(管理されてるおばちゃんが言ってました。)その数総勢200名笑w その他にも弘前大学の空手部などもいましたね(^o^) キャンプをしながら『スポーツ観戦』も出来てしまうというスポーツ観戦好きにはなんとも言われない贅沢なキャンプ場・・・なんです(^o^) (これが面白いんですよ。ホント。)

ビールをプシュっと飲みながら岩木山を背にしてスポーツ観戦。

と、このキャンプ場。岩木山と運動場に挟まれるカタチでここは存在します。しかもかなり広大な敷地内で。第1キャンプ場から第2、第3とありまして余裕で100から200はテントサイトを貼れるんじゃないかてくらいのレベルで広大です(^o^)

【スポンサードリンク】

 

しかも。ここのキャンプ場(厳密には青少年スポーツセンター)、この合宿所のあるスポーツセンター内に先ほどサラリとご紹介したキャンプ場近辺には温泉が点在していると言いましたが・・・ここも施設内のお風呂は硫黄泉の源泉掛け流しです笑(なんとも贅沢なスポーツセンターです笑)

硫黄泉源泉掛け流し(^o^)

浴槽内に広がる硫黄臭がたまりません(^o^) 合宿している学生さんらが来る前に入らねばということでこの日は夕方差し迫る前にのんびりと入らせていただきました(^o^)

 

足下がすごくヌルヌルとして滑りやすいのでここは『旅行弱者』には不向きだなぁ・・・とこんなとこに来てもやっぱり頭は『ユニバーサルツーリズムとバリアフリー観光』(^_^;) 最近はどの施設にいっても入り口までの導線の確保されてるかどうかや施設内のピクトグラムのわかりやすさ、トイレの場所の表示のわかりやすさとかついつい目と頭が動いてしまうようになってしまいました笑

 

この日もキャン場でマッタリしてから夕方から弘前市内へ観光しに行ったんですが、

これは弘前藩初代藩主『津軽為信』を模した手持ち顔ハメパネル。

フォトジェニック。

こういうある意味くだらないものが観光客目線から言えば『アリ』で写真でも撮ってみっか!!になるわけですよね。それをもしかしたらSNSに投稿してくれるかもしれない。ハッシュタグつけて弘前市観光の宣伝をしてくれるかもしれない。可能性はゼロではないですもんね(^_^;) こうやって自分も撮ってしまったわけですからね笑

 

ここの施設内には『弘前ねぷた』も展示されてました。

キャンプの話しのつもりがついつい話しが逸れてしまいました笑

このまま弘前観光をもう少し続けてキャンプ場に戻ります・・・多分。

 

さ。どうする? 観光(^o^)

今回は『虹のマート』に行くのか???笑

【スポンサードリンク】

 - キャンプ, バリアフリー観光, 弘前, 虹のマート, 観光 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

角館(kaunodate)にも紅葉の波が。今日は4つのバリアフリーについて考えてみた。

『バリアフリー』。高齢者や障がい者、乳幼児連れ・外国人の方々にとっての本当の障壁 …

レトロ自販機と言えば相模原?!絶滅の危機にあるその理由は?

【スポンサードリンク】   最近よくテレビで紹介されてる昭和レトロな自 …

ユニバーサルツーリズムとバリアフリー観光。ベルテンポトラベルさんに学ぶ!その2

【スポンサードリンク】 自分が旅をさせるならこんな考え方でお客様を満足させたい! …

『ユニバーサルツーリズム』。誰もが楽しめる町をめざして(^o^)

【スポンサードリンク】   映像作品として残す。 『ユニバーサルツーリ …

トラベルサポーター・旅行介助サポーターとしてバリアフリー観光を実現させていくために必要なこと。

お久しぶりの更新。(^o^) どもどもコバヤシです。『地域おこし協力隊』として仙 …

行ける町から行きたい町へ!『JINRIKI』をもっとたくさんの人に知ってもらいたい♪

突然ですが。   皆さんは、車イス牽引補助具『JINRIKI』。 &n …

乳頭温泉郷(nyuto)。鶴の湯・妙の湯・黒湯温泉とトレッキングで楽しめるブナの森。

乳頭温泉郷の周囲を取り囲むブナの森。マイナスイオンを感じる・浴びるブナの森トレッ …

青森(aomori)観光なら黒石こみせ通りもオススメ。古都角館(kakunodate)から。

【スポンサードリンク】 週末休み。定休がようやくライフスタイルに馴染んできました …

ユニバーサルツーリズムとバリアフリー観光の関係とは?地域おこし協力隊の独り言。その2

『ユニバーサルツーリズム』と『バリアフリー観光』の関係性とは一体どういうことなの …

角館(kakunodate)の観光・福祉にも応用。バリデーション療法。14の基本テクニックについて。

【スポンサードリンク】 今日は昨日の続き。『ユニバーサルツーリズムとバリアフリー …